Fireworks display in Japan

辛さが選べる、鉄鍋のオロチョンラーメンを食べに行ってきました。安佐南区緑井にある「オロチョン 毘沙門店」。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

安佐南区緑井にあるラーメン店「オロチョン 毘沙門店」へ行ってきました。

IMG_3116

赤い看板が目を引く外観のお店です。
辛いラーメンしかなさそうと思っていましたが、辛くないオロチョンラーメンもあり、中辛、激辛、超激辛と、辛さを選べました。

IMG_3129

アストラムライン毘沙門駅からフジグラン緑井に向かう道(269号線【毘沙門通り】)沿いにあります。隣にはパン屋「グテ」があり、向かいには広島信用金庫があります。

IMG_3128

駐車場はお店の前に2台分。反対の隣は花屋「フラクタル」があります。
地図ではここ↓
[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m14!1m8!1m3!1d5532.067201801124!2d132.46796516985822!3d34.46770964081174!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x0%3A0x3bab6e902b11c818!2z44Kq44Ot44OB44On44OzIOavmOaymemWgOW6lw!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1573179056290!5m2!1sja!2sjp” width=”600″ height=”450″ frameborder=”0″ style=”border:0;” allowfullscreen=””>住所は広島市安佐南区緑井3丁目11−25です。

IMG_3117

オロチョンラーメンって、単にお店の名前かと思っていたのですが、あとから調べてみるとラーメンの種類みたい。
北海道流の味噌味スープに唐辛子を入れて辛く味付けしたものをいうっぽいです。アイヌ語で“勇敢”を意味する“オロチョン”からきてるとか、アイヌの火祭りである“オロチョン祭”からきてるとか諸説あるようですよ。

IMG_3118

店内は、入ってすぐにカウンター席、奥に座敷席がありました。

IMG_3119

メニューがこちら↓

IMG_3121

まず、ラーメンメニュー。
オロチョンラーメンとくろ豚骨醤油ラーメンがありました。
火を吹く、炎を吹く、紅蓮の炎を吹く・・・ネーミングがその辛さを想像させますね。

そして、お得なセットメニュー。

IMG_3120

好きなラーメンに、ミニ爆豚飯やぎょうざ、半チャーハン、からあげ、白飯をつけてセットにできます。

今回は「オロチョンラーメンの爆豚セット」と、「火を吹くオロチョンラーメンの白飯セット」を注文。
開店してすぐ入店したということもあって、すぐにラーメンが運ばれてきました。
まずこちら↓

IMG_3122

オロチョンラーメンです。このお店、鉄鍋でラーメンが来るんですね!

IMG_3130

たっぷりのもやしとキャベツ、ニラ、そしてもつが入っていました。香辛料も多少かかっていますが、あっさりしていてどんどん食べられます。

続いて、メニューを見たときから実は一番気になっていた爆豚飯

IMG_3132

しっかり焼かれたタレたっぷりの豚肉とキムチ。間違いない美味しさでした。

そして、火を吹くオロチョンラーメン登場!

IMG_3123

おぉ~~~っ、あかっ!
辛くないオロチョンを目にしたあとなので、香辛料の多さに驚きです。

IMG_3131

これで中辛です。混ぜると、スープに溶けて全体が辛くなっていくので、最初は混ぜずに本来のスープの味を楽しむのもいいかも。

辛いのが好きな方はもちろん、苦手な方でも美味しくいただけるオロチョンラーメン、食べに行ってみてはいかがですか。

【お店情報】オロチョン毘沙門店
住所/広島市安佐南区緑井3丁目11−25
TEL/082-554-2110
営業時間/11:30~14:30、18:00~23:00(LO 22:30)


(上記内容は記事作成時点でのものです)
【書いた人/はせウメコ】


Source: まるごと安佐南&安佐北。ブログ
辛さが選べる、鉄鍋のオロチョンラーメンを食べに行ってきました。安佐南区緑井にある「オロチョン 毘沙門店」。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 花火大会祭り手帳ブログ , 2019 All Rights Reserved.